心に響いた一節をご紹介します。

「この道が果たして良いのか悪いのか思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
あきらめろと言うのではない。今立っているこの道、今歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。(中略)道を開くためにはまず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。」
道をひらく 松下幸之助

自分だけにしか歩めない道、本当だ。過去、現在、そして未来へと続く道は自分にしか歩めないかけがえのない道なんだ。大事に、大切にしよう。そして歩いてゆこう。

Follow me!