転んでも

心に響いた一節を紹介します。
「七転び八起き」ということわざがある。何度失敗しても、これに屈せずふるい立つ姿をいったものである。
人生は長い。世の中はひろい。だから失敗もする。悲観もする。そんな時このことわざはありがたい。
だが、七度転んでも八度目に起きればよい、などと呑気に考えるならば、これはいささか愚である。
一度転んで気がつかなければ。七度転んでも同じこと。一度で気のつく人間になりたい。
そのためには「転んでもただ起きぬ」心がまえが大切。(中略)
失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れた方がいい。
真剣ならば、たとえ失敗してもただは起きぬだけの充分な心がまえができてくる。
おたがいに「転んでもただ起きぬ」よう真剣になりたいものである。
道をひらく 松下幸之助

何事も失敗はつきもの。しかし、その失敗に一度で気づくこと。そして、常に真剣であること。その失敗をばねにすることを、常に想い行動し、失敗を繰り返す。しかし、2回目の失敗は、真剣に考えていたのであれば、成長の上での失敗ということであろう。失敗を恐れず、真剣に行こう!

Follow me!