是非善悪以前

心に響いた一節を紹介します。

この大自然は、山あり川あり海ありだが、すべてはチャンと何ものかの力によって設営されている。そして、その中に住む生物は、鳥は鳥、犬は犬、人間は人間と、これまたいわば運命的に設定されてしまっている。(中略)
人間のなかでも、個々に見れば、また一人ひとり、みなちがった形において運命づけられている。生まれつき声のいい人もあれば、算数に明るい人もある。手先の器用な人もあれば、生来不器用な人もある。身体の丈夫な人もあれば、生まれつき弱い人もいる。いってみれば、その人の人生は、九〇パーセントまでが、いわゆる人知を越えた運命の力によって、すでに設定されているのであって、残りの一〇パーセントぐらいが、人間の知恵、才覚によって左右されるといえるのではなかろうか。

松下幸之助 道をひらく

まさにダイバーシティ(多様性)の考え方ではないだろうか。この当時にはこのような言葉はなかったであろうが、偉大な経営の神様はそのことをお見通しだったのでしょう。
どんな人間でも生きている限り社会になんらかの貢献をしています。むしろその人々の才能、存在を引き出すのが大切なのです。それができる人は素晴らしい。そうした人になっていきたい。

Follow me!