花のように

心に響いた一節を紹介します。
砂漠に見いだす清らかな泉は、旅行く人の喜びであり憩いであり、そして励ましである。荒涼たる山野に、毅然として咲き誇る一輪の花は、また旅人へのこよなき慰めとなり励ましとなる。(中略)
おたがいに手をつなぎ、助け助けられながら生きねばならぬこの世の中である。人の心が砂漠の如く荒れ果ててはたまらない。せめてわれわれだけでも、清らかな泉のように、毅然たる一輪の花のように、強く正しく働いてゆこうではないか。
むつかしいことかもしれないが、自分の仕事に誇りを持ち、自分の働きに意義を感じるならば、わが身の処し方もおのずから見いだされてくるであろう。
どんな世の中になっても、あわてず、うろたえず、淡々として社会への奉仕を心がけてゆこう。その姿自体が、人びとにとって大きな励ましとなり、憩いとなるのである。
花のように。泉のように。そこにわれわれの喜びもある。
道をひらく 松下幸之助

私は植物が好きです。そこに緑や花があるとなぜかホッとします。そこにあるだけなのですが。松下翁はこんな花をみても、このように感じて文字に残していました。花を自分になぞらえて、社会への奉仕を訴えています。利他の心を持つ花になろうと。まだまだ到達の域には程遠い小生ですが、人々の花への意識をもって過ごしていきます。