熱意をもって

心に響いた一節を紹介します
経営というものは不思議なものである。仕事というものは不思議なものである。何十年やっても不思議なものである。それは底なしなほどに深く、限りがないほどに広い。いくらでも考え方があり、いくらでもやり方がある。
(中略)
しかし、人に熱意がなかったら、経営の、そして仕事の神秘さは消え失せる。
何としても二階に上がりたい。どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかす。階段をつくりあげる。上がっても上がらなくても・・・・・・そう考えている人の頭からは、ハシゴはでてこない。
才能がハシゴをつくるのではない。やはり熱意である。経営とは、仕事とは、たとえばこんなものである。
不思議なこの経営を、この仕事を、おたがいに熱意をもって、懸命に考えぬきたい。やりぬきたい。
道をひらく 松下幸之助
仕事、経営は無限である。もう限界、キリというものがない。そこに、創意工夫の余地があり、他者との違いを見出し、訴求できるのだ。2階へのハシゴは自分の熱意の現れ。すこしでも高く、高く、高く。また力をもらった。がんばろう!

前の記事

あぶない話

次の記事

ノレンわけ